exhibition

Yokohama Triennale has reached its 20th anniversary of its inception 2001 as an international exhibition of contemporary art in Japan that is held once every three years. The seventh edition of Triennale welcomed Raqs Media Collective, a group of three artists based in New Delhi, India, as its artistic director. It was the first time that foreign exhibition directors were assigned.

We have participated in the project by managing the exhibition’s spatial configuration and developing the plan for Farming Architects––a Vietnamese architecture studio. Starting with the terms “Autodidact,” “Luminosity,” “Friendship,” “Care,” and “Toxicity,” which were proposed by Raqs Media Collective, we developed the design plan. Additionally, the word “Thicket” was utilized as a hint in the development.

The contrast between the buildings of the Yokohama Museum of Art and PLOT 48 was a key challenge. PLOT 48 was originally built as the Anpanman museum, so its interior is rather chaotic. In order to make the massive architectural space of Yokohama Museum of Art coherent with the space in PLOT 48, we proposed that the exhibition space expand together with the works of art and saturate the large single room.

In order to visualize the aforementioned terms, we proposed the combination of a hologram that changes its color depending on where its viewed from and the application of soft translucent material and assembled composite structures in various places within the exhibition space. These structures convert the Yokohama Museum of Art’s dark rooms into luminous spaces and produce a variety of transformative spatial layers.

Even though we had not seen the gradient color that was primarily used in the graphic design for the exhibition at the time when we made our proposal, our proposed materials display significant affinity with the graphic design. Additionally, we witnessed the importance of a collaborative discussion process that facilitated the development of a common visualization among the creative teams.

Since Raqs Media Collective considers this exhibition as a place that encourages the continued development of one’s thoughts, we transformed the space by generating contrasts within both the lighting plan and the space separation. Our discussion with Raqs Media Collective on how the relationship between beauty and chaos maintains the balance of the world led us to seek a design that goes beyond the notion of beauty.

3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、20年の節目を迎えた展示です。第7回展となる本展ではインドのニューデリーを拠点とする3人組のラクス・メディア・コレクティヴをアーティスティック・ディレクターに迎え、初となる海外のディレクターのディレクションによる展示となりました。

弊社は空間構成とFarming Architectsの日本側の設計として参加しております。
ラクスが出してきた5つの言葉、『独学』『発光』『友情』『ケア』『毒』からプロジェクトがスタートし、空間に関しては5つを包括する『茂み』という言葉をヒントに構成をしていきました。

始めに横浜美術館とPLOT48という対照的な建築を読み解きました。もともとはアンパンマンミュージアムだったPLOT48の混沌とした空間と、横浜美術館の整然とした展示空間に親和性を持たせています。横浜美術館の強い建築的な空間を、大きなワンルームの中お互い侵食していくような、作品と相まって広がっていくようなイメージをしました。

5つの言葉のイメージから、見る方向で色味が変わっていくホログラムと柔らかい半透明の素材を組み合わせた素材を提案し、展示構成を静かに示し、鑑賞者を誘導するフレーム組みの衝立を空間の各所に施しました。横浜美術館に暗い部屋と明るい部屋のゾーニングを作り、その間に半透明からホログラムに移っていくように光のレイヤーを素材で作り出しています。

空間の提案時は、展覧会のグラフィックデザインの主要素となった色のグラデーション表現は、まだ完成していなかったのですが、弊社が提案した変光素材はグラフィックデザインとの親和性も高く、言葉のみのやり取りが具体的に共通したイメージにつながっていく体験をしました。

ラクスは、この展示を“考え続ける”という行為の途上の空間としてとらえていたため、ホワイトキューブをただ連ねた空間ではなく、照明や空間の仕切り方に抑揚をつけ、空間のあり方が“変化”するような演出をしました。また、美しさと混沌によって世の中がバランスしているという話がラクスとの対話の中でうまれ、ただ美しいだけではない表現のあり方を考えるきっかけとなりました。

KIM Yunchul
ARGOS, 2020
©Kim Yunchul
Installation view of Yokohama Triennale 2020
Photo: OTSUKA Keita
Photo courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

キム・ユンチョル
《アルゴス》2020
©Kim Yunchul
ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景
撮影:大塚敬太
写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

Farming Architects
The Space Coalition, 2020
Installation view of Yokohama Triennale 2020
Photo: KATO Ken
Photo courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

ファーミング・アーキテクツ
《空間の連立》2020
ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景
撮影:加藤健
写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

Farming Architects
The Space Coalition, 2020
Installation view of Yokohama Triennale 2020
Photo: OTSUKA Keita
Photo courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

ファーミング・アーキテクツ
《空間の連立》2020
ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景
撮影:大塚敬太
写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

Ariane SPANIER

アリアナ・スパニエ