Interior

Down a backstreet in Shirokane, you will find a dark red building on the corner.
On the first floor of the building, there is an Italian restaurant called RAMA. Our project was to design the restaurant’s interior.

We installed a curved counter for guests to sit around, with nine seats, in the middle of the restaurant. From the street, people passing by the restaurant can view the interior as well as guests enjoying conversations over meals and drinks through a large window.

The shapes of brass pieces embedded in the counter’s surface are taken from the restaurant’s logo designed by Shohei Sawada so as to integrate it with the interior decoration.
The red tint of the countertop provides a more delicious background for the presentation of food. Brass light stands create an illuminated boundary between the chef and guests.
The curves of chairs designed by Kensaku Oshiro add rhythm to the interior and suggest playfulness.

The tableware is carefully selected to match the interior and the color of the countertop. A New Italian menu including Japanese ingredients is served in beautiful vessels that mix with the space and enhance the dining experience.

白金の大通りから一本入った裏通りの角に、深い赤色のビルがあります。その1階に新しいイタリアンレストランRAMAを作るというプロジェクト。

道路に面した大きな窓から店内が見渡せるように、中央にカーブしたカウンターを取り入れました。カウンター席9席のみで、美味しいお酒とお料理、会話を楽しむゲストの姿を窓から望めます。

澤田 翔平さんがデザインしたRAMAのロゴを身近に感じてもらえるように、カーブしたカウンターにはロゴのパーツが散りばめられています。これらの真鍮のピースは集めるとRAMAのロゴになります。

食べ物を美味しく見せられるように、カウンターの天板には赤色を足し、シェフとの境にはテーブルに真鍮の照明を取り付け、光で境界を作りました。
また、大城健作さんの美しい曲線を持つ椅子を並べ、空間にリズムと柔らかさを加えました。

レストランで使用するテーブルウエアは、カウンターの色に合わせて選ばれたものです。美しい器に盛られた日本の素材を使った新しいイタリアン、それに調和させた空間は、食の体験をさらに高めます。

Material

cast stone with brass logo